IEでActiveXを使う設定方法

Internet ExplorerでActiveXを使う設定をメモ

今回は外部サーバーに置いたhtmlからの実行を前提としています。

通常の方法

Windowsキーを押しながら『R』ボタンを押してファイル名を指定して実行からインターネットのプロパティを表示します。
名前(コマンド)は control inetcpl.cpl です。

インターネットのプロパティが開くので、上から順番にセキュリティ信頼済サイトレベルのカスタイズをクリックします。

『スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行』の欄を『有効にする』へ変更して『OK』ボタンを押して画面を閉じます。

『サイト』をクリックします

ActiveXを実行させるhtmlを置くドメインを入力して『追加』。
閉じるボタンを押して設定完了です。

バッチコマンドでの設定方法

以下のテキストを 設定.bat など好きな名前(拡張子はbat)で保存して実行

:インターネットのプロパティの設定 <ドメイン名>は TEST.com や BBBB.ne.jp などに変更してください。<>は不要です。

:信頼済みサイト レベルのカスタマイズ
REG ADD "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\2" /v "1201" /t REG_DWORD /d 0 /f
:信頼済みサイト サイトの追加
REG ADD "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Domains\<ドメイン名>" /v "https" /t REG_DWORD /d 2 /f
REG ADD "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Domains\_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Domains\<ドメイン名>" /v "http" /t REG_DWORD /d 2 /f

pause

C#で設定

Microsoft.Win32.RegistryKey regkey;
regkey = Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.CreateSubKey(@"Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\2");
regkey.SetValue("1201", 0);
regkey = Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.CreateSubKey(@"Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap\Domains\<ドメイン名>");// <ドメイン名>は TEST.com や BBBB.ne.jp などに変更してください。<>は不要です。	
regkey.SetValue("http", 2);
regkey.SetValue("https", 2);
regkey.Close();

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる